安達知亨

彼の作品と出会ったのは、2年前。
私の旦那さんが
「ひとめぼれしたから買っちゃった」と言って手にしていた器。
きれいな、本当にきれいな器。
そういう印象でした。

久しぶりに会うと
また少し違うような作品を作っていて
常に新しく、変わっていっているのを感じます。
山の中で、彼の作品がどんなふうに見えるのか。
想像のできないわくわく感があります。

b0194236_1634157.jpg


安達 知亨

佐倉市で磁器の作品を制作しています。
http://adatomo.exblog.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1976  千葉県生まれ
2001  武蔵野美術大学油画科卒業
2004  第四十二回 朝日陶芸展入選
     個展 カフェ&ギャラリー呂久呂(千葉)
     以後毎年個展
2006  第五回 出石磁器トリエンナーレ入選
2007  神戸ビエンナーレ入選
2008  個展 INAXガレリアセラミカ(銀座)
     INAXガレリアセラミカの夏 器・小さなオブジェ・道具展(銀座)
2009  個展 SAN-AI GALLERY(日本橋)
     第29回長三賞現代陶芸展 前衛部門 入選
2010  個展 gallerycafe風草(千葉)
2011  個展 ギャラリー共栄窯(常滑)
     個展 ギャラリー間(千葉)
その他、個展、グループ展多数


青空と、山と、器。
感じて、触れてください。

  takako
[PR]
by 7iRo331 | 2011-09-03 16:56 | 2011 7iRo